BMWとマイクロソフト、提携を強化…自動運転輸送システム向けプラットフォームなどを開発へ

BMWグループのドイツ工場に導入されている自動運転輸送システム
BMWグループのドイツ工場に導入されている自動運転輸送システム全 3 枚写真をすべて見る

BMWグループ(BMW Group)とマイクロソフト(Microsoft)は4月2日、ドイツで開催中の「ハノーバーメッセ2019」において、両社が提携を強化することで合意した、と発表した。

すでにBMWグループとマイクロソフトは、提携関係にある。BMWグループはクラウドサービスの大半に、マイクロソフトの「アジュール」(Azure)を採用している。

今回の提携強化では、マイクロソフトのアジュールの産業用IoTクラウドプラットフォーム上に構築された「オープン・マニュファクチャリング・プラットフォーム」を開発。自動車産業だけでなく、他の製造業者やサプライヤーにもコミュニティへの参加を呼びかけ、製造業がより迅速でコスト効果の高いイノベーションを可能にすることを目指す。

具体例のひとつが、BMWグループのドイツ・レーゲンスブルク工場で使用している第2世代の自動運転輸送システム向けのIoTプラットフォームの開発だ。BMWグループのIoTプラットフォームは、マイクロソフトのアジュールのクラウドやIoT、AI機能をベースに構築されている。現在3000台以上の機械やロボット、自動運転輸送システムが、これに接続されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW i3 の20万台目がドイツ・ライプツィヒ工場からラインオフ
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMWの新型 M4 クーペ と初代 M3 (1989年式)のワンオフモデル
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV