トヨタ、商用車の『プロエース・シティ』発表へ…PSAグループとの提携拡大

トヨタ・プロエース・シティのティザーイメージ
トヨタ・プロエース・シティのティザーイメージ全 3 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の欧州部門は4月2日、英国で4月30日に開幕する「バーミンガム商用車ショー2019」において、『プロエース・シティ』(Toyota Proace City)を初公開すると発表した。

プロエース・シティは、トヨタとPSAグループの提携の最新の成果となるもの。トヨタとPSAグループは2012年から、欧州市場の小型商用車の分野において、協力してきた。PSAグループは、プジョー『エキスパート』とシトロエン『ジャンピー』をベースにした小型商用車の『プロエース』をフランスで生産し、トヨタにOEM供給している。

2018年秋、トヨタとPSAグループは、欧州小型商用車での提携関係を拡大すると発表した。2019年末から、PSAグループがトヨタに、PSAグループのスペイン工場で生産した小型バンもOEM供給する内容だ。このモデルが、プロエース・シティとなる。

なおトヨタでは、プロエース・シティは、トヨタの欧州小型商用車市場における存在感をさらに強化するモデル、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV