クラシックカーの美の祭典…コンコルソデレガンツァ京都2019、開幕

左からフィアット 750MMザガート、750GTMMデリヴァータザガート、フィアットアバルト750レコルトモンツァザガート
左からフィアット 750MMザガート、750GTMMデリヴァータザガート、フィアットアバルト750レコルトモンツァザガート全 8 枚写真をすべて見る

4月13日から14日の日程で、京都元離宮二条城(京都府京都市)にて、“コンコルソ・デレガンツァ・京都2019”が開幕した。主催は京都市とコンコルソ・デレガンツァ・京都2019実行委員会。

京都元離宮二条城での開催は3回目となる同コンクール。今年はイタリアのカロッツェリアザガート100周年を記念し、戦前から戦後の多くのモデルが出展。特にアルファロメオ『6C1750ザガート』や『6C1750GSザガート』などは、普段日本では見ることができない、海外からの出展モデルなのだ。

また、1960年代にザガートの特徴であった、ダブルバブルルーフを備えたアバルト『750GTザガート』や、ザガート100周年を記念したモデル、ランボルギーニ『5-95ザガート100thアニバーサリー』も展示されるので、歴代ザガートモデルの多くを一度に見ることができるまたとない機会である。

同時に、近年ヘリテージ部門に力を入れているランボルギーニも“ポロストリコ”を設立したのを機に、日本での活動を積極化。このコンクールでも『ミウラP400』や『イスレロ400GT』、『エスパーダ』をはじめ、『カウンタックLP400』、同社SUVの始祖となる『LM002』も出展されている。

今回は全54台がエントリー。アメリカのペブルビーチコンクールデレガンスやイタリアのコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステの審査委員長などのほか、元日産自動車のデザイントップ、中村史郎氏などが審査を行い、14日に表彰式が行われる予定だ。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ