トヨタ C-HR のEV発表、専用フロントマスクで表情変化…上海モーターショー2019

トヨタ C-HR EV(上海モーターショー2019)
トヨタ C-HR EV(上海モーターショー2019)全 15 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の中国部門は4月16日、中国で開幕した上海モーターショー2019において、『C-HR』(Toyota C-HR)のEVと、その兄弟車の『イゾア』(Toyota Izoa)のEVを初公開した。

C-HRは中国では、トヨタ自動車と広汽集団の中国合弁、広汽トヨタから発売されている。一方、トヨタ自動車と第一汽車の中国合弁、一汽トヨタ向けに用意されるC-HRの兄弟車が、イゾアとなる。

トヨタは、このC-HRとイゾアをベースに開発したEVを、中国市場に投入する計画。上海モーターショー2019では、両EVをワールドプレミアした。トヨタブランドとしては、中国初投入となるEVで、2020年に販売を開始する。

トヨタは、このC-HRとイゾアのEV 2車種を皮切りに、2020年代前半には、グローバルで10車種以上のEVの展開を計画。2030年には、グローバル電動車販売550万台以上の目標を掲げている。

なお、C-HRのEVは、既存のガソリン車とは異なり、専用デザインのフロントマスクが採用されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/16/321422.html/article/2019/04/16/321421.html/article/2019/04/16/321423.html