ジャガー・ランドローバー、コンピューターコード技術を10代に教えるプログラム開始

10代の若い世代が自動運転について学ぶ「ランドローバー4×4スクール」
10代の若い世代が自動運転について学ぶ「ランドローバー4×4スクール」全 5 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は4月16日、自動運転車を安全に走行させるためのコンピューターコード技術を、10代の若い世代に教えるプログラムを開始した、と発表した。

ジャガー・ランドローバーは現在、自動運転車の早期実用化を目指して、研究開発を進めている。今回のプログラムは、未来の自動運転技術を開発するエンジニア育成が目的だ。

自動運転車には、およそ10億行のコンピューターコードが必要になる。これは、NASAがアポロ11号を月面に着陸させるのに必要だった14万5000行のおよそ1000倍に相当するという。

ジャガー・ランドローバーが開始したプログラムは、「ランドローバー4×4スクール」で行われている。10代の若い世代が、30分で200行のコードを書くことができたという。これにより、『レンジローバー イヴォーク』のスケールモデルを、自動運転で走行させることに成功した。

ジャガー・ランドローバーは、このプログラムは世界的なSTEM(科学・技術・工学・数学)教育の不足を補い、将来の才能を刺激するもの、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・ランドローバー(イメージ)
  • ジャガー I-PACE 改良新型
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型
  • ジャガー・ランドローバーの「インジニウム」エンジン
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ