ロールスロイス、ブランド初の電動車両を設定へ

ロールスロイス 102EX
ロールスロイス 102EX全 5 枚写真をすべて見る

BMWグループ(BMW Group)は、ドイツで開催した2019年第1四半期(1~3月)決算発表において、傘下の高級車ブランド、ロールスロイスに近い将来、ブランド初の電動パワートレイン搭載車を設定すると発表した。

ロールスロイスは過去に、電動車両のプロトタイプを開発したことがある。2011年3月、ジュネーブモーターショー2011に出品した『ファントム』ベースのEVスタディモデル、『102EX』がそのモデルだ。

102EXは、2個のモーターを搭載し、最大出力394ps、 最大トルク81.6kgmを獲得。バッテリーは蓄電容量71kWhのリチウムイオンで、。0~96km/h加速8秒以下、最高速160km/h(リミッター作動)の性能を備えていた。

実験車としての意味合いが強かった102EXだけに、その後、同車が市販に移されることはなかった。2011年当時の技術では、航続が制限されるEVに対して、顧客の関心が低かったことが理由と伝えられる。

BMWグループは今回、ロールスロイスに近い将来、電動パワートレイン搭載車を設定すると発表した。「i」ブランドなどで培った最新電動技術を導入し、航続の面で実用的な性能を備えたPHVなどの電動車両を発売する可能性が高い。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ロールスロイス・ゴースト 次期型のティザースケッチ
  • ロールスロイス・ゴースト 次期型のティザースケッチ
  • ロールスロイス・ゴースト 次期型のティザースケッチ
  • ロールスロイス・カリナン
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ