レクサス初のミニバン、LM の日本登場は?---可能性を考察する

レクサスLM(上海モーターショー2019)
レクサスLM(上海モーターショー2019)全 2 枚写真をすべて見る

『ベストカー』5月26日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:400円(本体370円+税)

4月に開催された上海モーターショー2019で、レクサス初のミニバン、『LM』が登場した。発売時期は2019年末から2020年ごろとされる。『ベストカー』がこの“ラグジュアリームーバー”=LMの、日本市場への導入可能性を考察している。

LMはトヨタの『アルファード』/『ヴェルファイア』がベースだ。記事はチーフエンジニアにも取材して、この豪華ピープルムーバーを解説している。LMが想定している市場は中国がメインで、アジアには右ハンドル国もある。そして生産工場は日本国内にある。日本市場への導入について、記事は「運動を始めた方がイイかもしれませんぞ」と結ばれている。

『ベストカー』5月26日号気になる見出し……●3気筒革命、始まる●ニッポンのTURBO最新論争●「令和」時代へ向けて新車だ新車だ!●レクサス版アル/ヴェル。日本で売られる可能性は?●ベストカー的「日本車番付編成会議」●猫が小判を評価する●解体工場はクルマ愛の塊だ!

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタGRスーパースポーツコンセプト
  • 日産GT-R
  • ホンダe プロトタイプ(ジュネーブモーターショー2019)
  • トヨタ・アルファード
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/11/322186.html/article/2019/05/11/322185.html/article/2019/05/11/322187.html