DS 7クロスバック、自動駐車支援機能を搭載 CセグメントSUV初

DS 7クロスバック
DS 7クロスバック全 3 枚写真をすべて見る

プジョー・シトロエン・ジャポンは、DSオートモビルのフラッグシップSUV『DS 7クロスバック』に駐車支援機能「DSパークパイロット」を搭載するとともに価格改定を行い、6月1日から販売を開始する。

DSパークパイロットでは、ドライバーがステアリング、アクセル、ブレーキ、前後進シフターに触れることなく、縦列駐車と並列駐車のどちらでも自動で行うことができる。これらをすべてを自動で行う機能は、CセグメントSUVでは世界初となる。

なお、DSパークパイロット搭載車は従来型のシフトレバーのマニュアルモードのボタンがシステム起動スイッチとなり、マニュアルモードの選択はドライブモードセレクトスイッチからとなる。

価格はディーゼルモデルの「グランシックBlueHDi」が579万円、ガソリンモデルの「グランシック」が559万円。いずれも従来から10万円のアップとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • DSストア東京と高級傘ブランド「ル・ヴェリターブル・シェルブール」がコラボ。
  • DS 7クロスバックのBTOサービス「オートクチュール
  • DS7 クロスバック E-TENSE 4×4
  • DS 7クロスバック パフォーマンスライン
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/24/322714.html/article/2019/05/24/322713.html/article/2019/05/24/322715.html