ポルシェ、東京モーターショー2019出展に代わって独自イベント開催へ

ポルシェ scopes Tokyo(仮)
ポルシェ scopes Tokyo(仮)全 9 枚写真をすべて見る

ポルシェジャパンは、東京モーターショー2019への出展に代えて、ミレニアル層を中心とした次世代に向けた独立型ブランドエキシビション「scopes Tokyo(仮)」を開催する。2019年11月から東京において、約一か月間開催する予定だ。

渋谷で開催された新型『911』の発表会場で、七五三木敏幸代表取締役社長が明らかにした。「ポルシェが全世界的に次世代カスタマーと定義するミレニアル層に向けたイベント。彼らは最初のデジタルネイティブで、ソーシャルメディアとなじみがある」と語る。

ポルシェ独自のエキシビション、「scopes」は、「想像力と共振」をテーマに、ソーシャルとエンターテインメントの両輪で、新たなブランド価値を発信・体験する場。最初に2018年9月にドイツ・ベルリンで、続いて2019年5月にオランダ・アムステルダムで開催され、日本は世界で3か所目の開催となる。

東京では東京モーターショー2019の開催後、11月中旬から12月中旬まで、東京神宮前のSO-CAL LINK GALLERYで開催される予定。企画詳細は未定だが、新型車のジャパンプレミア、アートや音楽のライブを準備している。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/28/322871.html/article/2019/05/28/322870.html/article/2019/05/29/322872.html