スバル、2020年度までにCO2直接排出量を2万トン削減へ 太陽光発電導入など

スバル 本社ビル(参考画像)
スバル 本社ビル(参考画像)全 1 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は5月29日、新たな二酸化炭素(CO2)排出量削減の取り組みに着手し、同社グループのCO2年間排出量の約3%に相当する約2万t-CO2を、2020年度までに削減する目途が立ったと発表した。

今回、群馬県邑楽郡大泉町にあるスバルアクセサリーセンターおよびスバルロジスティクス関東納整センターへ自家消費型の太陽光発電設備を導入するほか、群馬製作所本工場(群馬県太田市)および東京事業所(東京都三鷹市)に水力発電由来の電力「アクアプレミアム」を導入。さらに本社エビススバルビル(東京都渋谷区)およびスバル総合研修センター(東京都八王子市)では、グリーン電力証書・グリーン熱証書の活用を行う。

スバルアクセサリーセンターおよびスバルロジスティクス関東納整センターへ導入する自家消費型太陽光発電設備は、設置容量1MW(年間発電量:1145MWh)を想定し、2019年度中の完成を目指す。発電した電力は同施設で使用する予定で、総排出量の約4割に相当する330t-CO2の削減を見込む。また、群馬製作所本工場および東京事業所に導入する「アクアプレミアム」は、CO2排出ゼロの水力発電由来の電力のみを販売する料金プラン。これにより約1万t-CO2(年間発電量:21GWh相当)の削減を見込む。加えて、本社エビススバルビルおよびスバル総合研修センターでは、消費する電力および熱を対象にグリーン電力証書・グリーン熱証書の制度を活用して、CO2排出ゼロのオフィスを目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバルが日本ライフセービング協会に車両を提供
  • スバル インプレッサ 改良新型
  • スバル WRX S4
  • スバル・フォレスター(北米仕様)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ