MINIの市販EV、車名は『クーパーSE』に決定…2019年11月から生産へ

MINIクーパーSEのプロトタイプがドイツ・フランクフルト国際空港において約150トンの航空機(ボーイング777F)を牽引
MINIクーパーSEのプロトタイプがドイツ・フランクフルト国際空港において約150トンの航空機(ボーイング777F)を牽引全 3 枚写真をすべて見る

MINIは5月31日、2019年内に発表予定のMINIの市販EVの車名を、MINI『クーパーSE』(MINI Cooper SE)と発表した。

MINIは2017年、市販EVのプレビューモデルとして、MINI『エレクトリックコンセプト』を発表した。同車は、MINI『ハッチバック』ベースのEVで、将来の市販EVを示唆したコンセプトカーだった。

その市販モデルの車名が今回、MINIクーパーSEに決定した。MINIシリーズに使われる「クーパーS」に、EVを示す「E」を組み合わせたネーミングとなる。MINIクーパーSEは2019年11月から、英国オックスフォード工場で生産を開始する予定だ。

なおMINIは、このクーパーSEのプロトタイプがドイツ・フランクフルト国際空港において、約150トンの航空機(ボーイング777F)を牽引するティザーイメージを公開している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MINI 5ドアハッチバック
  • MINI クーパーS E(フランクフルトモーターショー2019)
  • MINI クーパーS E
  • クラシック Mini と MINI の60 YEARS EDITION
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/03/323046.html/article/2019/06/03/323045.html/article/2019/06/03/323047.html