トライアンフ、新製品攻勢販売が過去最高を更新 5月

トライアンフ・ボンネビル T120 ダイアモンドエディション
トライアンフ・ボンネビル T120 ダイアモンドエディション全 2 枚写真をすべて見る

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、5月の登録台数が前年同月比46%増の188台となり、5月度の過去最高記録を更新したと発表した。

5月は新型車『ストリート・ツイン』、『ストリート・スクランブラー』、『スピード・ツイン』、『スクランブラー1200』加え、4月末に販売開始した限定車『スラクストンTFC』、『ボンネビルT120 Diamond Edition』、『ボンネビルT120 ACE』の3車種が大きく販売を伸ばした。

トライアンフの販売が好調だった要因は、同社は取り組んでいる3つの戦略方針「ブランド認知の向上」「新製品攻勢」「販売店網の刷新」が成果を上げているためとしている。

トライアンフの登録台数は今年2月も同68%増となって高い伸び率で過去最高記録を達成するなど、好調に推移している。2019年1月から5月までの累計台数も前年同期比22%増となっている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)
  • チーム無限のマクギネス選手(マン島TT2019)
  • アーク・ベクター
  • 【トライアンフ ストリートトリプル RS 試乗】 レーサー直結のストリートファイター...サトウマキ
  • ヤマハ テネレ700(ライダー松井勉)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/13/323397.html/article/2019/06/13/323396.html/article/2019/06/13/323398.html