日産、グローバルで新型セダンのラインアップを充実へ…今秋には次期 スカイライン も

現行スカイライン
現行スカイライン全 3 枚写真をすべて見る

日産自動車は6月19日、新型セダンのラインアップを今後もグローバルに充実させていくと発表した。

日本では、高速道路で同一車線内におけるハンズオフが可能な、ナビ連動ルート走行を実現した世界初のシステム「プロパイロット2.0」を搭載する新型『スカイライン』を今秋発売する。

また、米国では昨年、日産のセダンとして初めて「プロパイロット」を搭載した新型『アルティマ』を発売。新型アルティマは世界初の量産型2.0リットル直列4気筒可変圧縮比ターボエンジン「VCターボ」を搭載し、V6ガソリンエンジンと並ぶ動力性能を発揮しながら、4気筒エンジンと同等の低燃費を実現している。

日産のグローバル商品戦略と商品企画を担当するイヴァン・エスピノーサ常務執行役員は、「日産は、これまで以上に先進技術を搭載したクルマをお客さまに届けていく。今後、日産のセダンに乗るお客さまには、より進化した自動運転技術、電動パワートレイン、コネクティビティなどを楽しんでいただける」とした。

また、日産は、自動車を所有する、あるいは購入を検討している人を対象に、独立系市場調査会社エデルマン インテリジェンスに委託して、グローバルにオンライン調査を実施。調査対象者8000人のうち、セダンを所有していない人の75%が、「現在あるいは将来的にセダンを購入検討の対象とする」と回答し、特にセダンを所有していないミレニアル世代については、80%がセダンを購入検討の対象にすると回答した結果を明らかにした。

エスピノーサ常務執行役員は、「セダン市場から撤退するメーカーもある中、私たちはセダンを求めるお客さまのニーズ、特に人生で初めてクルマを購入するような若いお客さまのニーズにも着実に応えていく」とした。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京レインボープライド2018のパレード
  • 日産 ジューク 新型の生産が開始された英国サンダーランド工場
  • 日産のEV充電アプリ「日産チャージ」
  • 厚木市と日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/19/323606.html/article/2019/06/19/323605.html/article/2019/06/19/323607.html