トーヨータイヤ、4チームにPROXESシリーズを供給…パイクスピーク2019

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(昨年の様子)
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(昨年の様子)全 2 枚写真をすべて見る

トーヨータイヤおよび米国タイヤ販売子会社Toyo Tire U.S.A. Corp.(TTC)は、6月30日に開催される「2019 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に協賛する。

また、四輪のタイムアタッククラスとエキシビションクラスに参戦する4チームに対して高性能タイヤ「PROXES(プロクセス)」シリーズを供給し、同レースでの活躍をサポートする。

今年で97回目となるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは、米国ロッキーマウンテンの山頂(標高約4300メートル)付近をゴールとしてめざすカーレース。参加車両は全長約20km、高低差約1400メートル、156のコーナーを一気に駆け上がる。

参戦車両向けに供給する「PROXES Slicks」は、パイクスピークの温度変化が激しく、条件の厳しい路面に対応するために開発された同レース専用タイヤ。「PROXES RR」は、ドライ路面での性能を追求するために特別なチューニングを施した、米国市場で販売されている競技専用タイヤだ。

タイムアタッククラスでは、米国の有力レーシングチーム「FLYING LIZARD MORTORSPORTS」をはじめとする3チームにPROXES Slicks、PROXES RRを供給。また、エキシビションクラスでは、1949年製「Old Smokey Ford F1 pickup」で参戦する「CHUCKLE' S GARAGE」にPROXES Slicksを供給し、上位入賞への挑戦をサポートする。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トーヨータイヤ オブザーブ GIZ2
  • ドライブシミュレーターを活用した2019年のタイヤ安全啓発活動の様子
  • プロクセスR46A
  • 2020年 川畑選手参戦車両 TOYOTA GR Supra イメージ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ