VW ゴルフ 新型、ほぼ見えた!PHEVのEV航続はBMW超えの80kmか

VW ゴルフ 新型(ゴルフ8)スクープ写真 
VW ゴルフ 新型(ゴルフ8)スクープ写真 全 12 枚写真をすべて見る

10月に発表される予定の、8世代目となるフォルクスワーゲン『ゴルフ』新型。そのプロトタイプをカメラが捉えた。ほとんどカモフラージュもなく、開発は最終段階とみられる。

新型では「MQB」プラットフォーム最新バージョンを採用、ホイールベースが延長され、ボディは大型化されることは間違いない。捉えたプロトタイプは、ハーフカップのLEDデイタイムランニングライトを備える鋭いヘッドライト、その間を結ぶ細いグリルが見てとれる。

フロントバンパー両端のフォグランプはダミーのステッカーだ。またテールライトもカモフラージュされているが、現行モデルよりコンパクトなものに代わる可能性が高い。そのほかの変化としては、サイドミラーがより下方へ移動している点、後部ドアが長くなっている点が挙げられる。フロントマスクの印象もあり、全体的に低重心が強調されたエクステリアだ。


キャビン内には、標準装備となるデジタルインストルメントクラスタ、及びインフォテイメントシステム用のタッチスクリーンディスプレイを配置。最新情報を受信出来る、常時オンラインのインフォテイメントシステムを搭載するだろう。

パワートレインは、直列3気筒1.0リットルTSI、直列4気筒1.5リットルTSIをラインアップするほか、1.0リットルと1.5リットル直列4気筒の48Vマイルドハイブリッドモデルが設定されることが正式に発表されている。

新情報では、PHEVのEV航続距離が最大50マイル(80km)に達すると伝えられ、これはBMW『3シリーズ』新型に設定されるPHEVの63kmを大幅に上回る数値となっている。

ワールドプレミアは当初、9月のフランクフルトモーターショーと見られていたが、そこでは次世代EV『ID.3』を目玉として初公開する。ゴルフ新型は10月の特別公開イベントでのお披露目となる。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/27/323843.html/article/2019/06/27/323842.html/article/2019/06/27/323844.html