羽越本線の新観光列車『海里』…新潟・庄内地方の食と景観をテーマに 10月5日から運行

10月5日にデビューするJR東日本新潟支社の新観光列車「海里(KAIRI)」。車体は、新潟の新たな風景を意識して、夕日と新雪のダイナミックな融合をグラデーションで表わす。
10月5日にデビューするJR東日本新潟支社の新観光列車「海里(KAIRI)」。車体は、新潟の新たな風景を意識して、夕日と新雪のダイナミックな融合をグラデーションで表わす。全 7 枚写真をすべて見る

JR東日本新潟支社は6月27日、羽越本線の新しい観光列車『海里(KAIRI)』の運行開始日を10月5日に決定したと発表した。

『海里』は、ディーゼルハイブリッド車両「HB-E300系」による、「新潟の食」「庄内の食」「日本海の景観」をコンセプトにした列車で、新潟県や庄内地方の豊かな「海」や「里」にちなんだ食事や景観を楽しめる。

運行区間は新潟~酒田間で、10~12月は金・土休日を中心に運行。時刻は新潟10時12分頃発~酒田13時19分頃着・15時02分頃発~新潟18時31分頃着。途中の桑川~越後寒川間では、日本海名物「笹川流れ」を楽しめるよう減速する。

『海里』は4両編成で、4号車のダイニング車は食事がセットになった旅行商品として利用。リクライニングシートとなっている1号車とコンパートメント席となっている2号車は食事なしで利用できる。また売店・イベントスペースとなっている3号車では車内販売が行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。
  • 乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。
  • 「台車モニタリング装置」の概要。
  • 2017年7月の九州北部豪雨で橋脚が倒壊した久大本線の花月川橋梁は、翌年には架け替えられて復旧したが、今回の豪雨で再び様子が気遣われる。
  • 肥薩おれんじ鉄道で最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネル付近。左手の山から崩れた土砂と木々がその下の国道を巻き込んで大量に線路に流れ込み、佐敷トンネルの出入口が架線とともに完全に埋没した。

ピックアップ