ダイムラー世界販売、メルセデスベンツ A / B クラスなど小型車が28%増 2019年第2四半期

メルセデスベンツAクラス新型
メルセデスベンツAクラス新型全 5 枚写真をすべて見る

ダイムラー(Daimler)は7月24日、2019年第2四半期(4~6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は82万2000台。前年同期比は1%減だった。

ブランド別では、主力のメルセデスベンツ乗用車が57万5639台を販売。前年同期比は3%減だった。中国(香港を含む)が、0.6%増の16万8000台とプラスを維持。一方、欧州は3.6%減の16万2000台と後退した。このうち、ドイツは1.2%増の8万3000台と増加。米国は4%減の7万5000台だった。

メルセデスベンツ乗用車の車種別の第2四半期実績では、『Aクラス』や『Bクラス』などのコンパクトカーが、12万4000台を販売。前年同期比は28%増と増加した。一方、SUVは18万1000台にとどまり、前年同期比は13%減と後退している。

メルセデスベンツ商用車は第2四半期、11万1118台を販売。前年同期比は0.2%増とプラスを維持する。ダイムラーバスは第2四半期、8435台を販売。前年同期比は12%増と2桁増を達成する。ダイムラートラックは第2四半期、12万6474台を販売。前年同期比は2%増と好調を維持している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツGLA
  • 新会社「メルセデスベンツ」の取締役会会長に指名されたダイムラーのトップ兼メルセデスベンツ乗用車部門を統括するオーラ・ケレニウス氏
  • (イメージ)
  • 三菱ふそう eキャンター
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/07/25/324832.html/article/2019/07/25/324831.html/article/2019/07/25/324833.html