ライバルはマツダ CX-30!? スバル、新型クーペSUVを2020年投入か

スバル 新型クロスオーバー クーペSUV(予想CG)
スバル 新型クロスオーバー クーペSUV(予想CG)全 8 枚写真をすべて見る

スバルは、『XV』『フォレスター』『レガシィアウトバック』に続く新型クロスオーバーSUVを発売する可能性が高いことがわかった。

ベースとなるのはスバルが2019年3月のジュネーブモーターショーで初公開したクーペSUV『VIZIV ADRENALINE CONCEPT(ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)』だ。

同モデルは、デザインフィロソフィー「Dynamic×Solid」の進化系である「BOLDER」を取り入れたコンセプトカー。そのボディサイズは、全長4490mm、全幅1900mm、全高1620mmとアウトバックより短くXVより僅かに長いが、市販型でもほぼ同サイズが予想される。

Spyder7編集部では、情報をもとに新型クーペSUVの予想CGを制作した。

一番の特徴であるクーペルーフはアドレナリン・コンセプトから継承、フロントフェンダーとリアフェンダーは大きく張り出し、さらにSUVらしい樹脂製のオーバーフェンダーを装着することで、これまでにないアグレッシブなスタイルとした。

フロントには現在のスバル車をより進化させたシャープなヘッドライトを装備し、都会的なイメージが予想される。

パワートレインは、スバル独自の2.0リットル直噴NA水平対向4DOHC+電気モーターの「e-BOXER」を搭載する可能性が高い。コンセプト発表から「次期XV」と噂されていたが、ブランニューモデルとしての登場が濃厚で、ワールドプレミアは最速で2020年内にも予想されている。

ライバルは2019年内にもデビューが予想されるマツダ『CX-30』となり、国産クーペSUV対決が注目される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/08/06/325247.html/article/2019/08/06/325246.html/article/2019/08/06/325248.html