JapanTaxi、瀬戸内エリアの観光型MaaS実証実験「setowa」と連携へ

JapanTaxiと観光型MaaS実証実験「setowa」が連携
JapanTaxiと観光型MaaS実証実験「setowa」が連携全 3 枚写真をすべて見る

タクシーアプリ「JapanTaxi」は、JR西日本が2019年10月1日~2020年3月31日まで展開する、瀬戸内エリアの観光型MaaS「setowa(せとわ)」と連携すると発表した。

setowaは、瀬戸内エリアへの観光誘客拡大に向けて、JR西日本が進めるMaaS実証実験。出発地から目的地までの新幹線をはじめとする鉄道に加え、現地での船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェアリングなどの交通機関および地域の観光素材を、スマートフォン等でシームレスに検索・予約・決済可能にする取り組みだ。

現在、JapanTaxiアプリでは、シームレスな移動を実現するMaaSアプリや地図サービスのほか、生活を快適にするスマートスピーカー、経費精算システムなど、様々な外部サービスとの連携を進めている。今回のsetowaとの連携では、観光時のタクシー移動をサポートする取り組みとして、setowa内でタクシー移動ルートが提案された際は、ワンタップで乗車・降車場所が入力された状態でJapanTaxiアプリを起動できるようになる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • DRIVE CHART
  • 新タクシーアプリ「GO」
  • 安全に安心して利用できる道路づくりを提言
  • アプリから車いす対応タクシーの指定注文が可能に
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ