東京オリンピック期間、首都高料金1000円上乗せ 料金施策案を公表

イメージ
イメージ全 2 枚写真をすべて見る

東京都は、「東京2020大会における首都高速道路の料金施策に関する方針」案をとりまとめた。

2020年7月20日から8月10日までと、8月25日から9月6日までの期間、午前6時から午後10時まで、自家用乗用車などを対象に、都内区間の首都高速の料金を通常料金に1000円上乗せする。他の交通への転換が困難な公共交通、物流車両、障がい者、福祉車両、緊急車両は対象外。

またETC搭載の乗用車は、首都高速全線で、午前0時から午前4時まで夜間割引として料金を5割引とする。

大会期間中は、大会関係車両の通行、物流車両など派生需要の増加などで交通量の増大が見込まれる。このため、大会関係車両が多く通行する首都高速道路での流動を確保するのが目的。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 首都高
  • 住商グローバル・ロジスティクスの「日中ルート配送から夜間ルート配送への転換」
  • 成田空港(3月26日)
  • トヨタのEV、e-Palette(東京2020仕様)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV