【BMW Z4 新型まとめ】兄弟車スープラとの相違点…価格や走り、試乗記

BMW Z4 ロードスター 新型
BMW Z4 ロードスター 新型全 8 枚写真をすべて見る

BMWの2シーターオープンスポーツ『Z4』。約2年ぶりに復活した新型は、トヨタ『スープラ』と多くの基本部分を共有しているという点で多くの注目を集めた。3代目となる新型は、高剛性のボディ構造や向上した空力性能が特徴だ。

目次

  1. 新型発売、縦型ヘッドライトなど新デザイン採用 566万円より
  2. 2年ぶり国内復活のロードスター[詳細画像]
  3. 【試乗】スポーツ+は「やりすぎ」を感じるほど…九島辰也
  4. 兄弟車 スープラ にはない6速MT設定へ
  5. 【試乗】スープラとはまったく違う運転感覚…渡辺陽一郎
  6. 【比較試乗】BMW Z4 との違いをサーキットで「ハッキリ」させてみた…桂伸一

新型発売、縦型ヘッドライトなど新デザイン採用 566万円より

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、約2年ぶりの復活となるオープントップスポーツ、新型『Z4』を3月25日より発売する。

3世代目となる新型Z4は、高剛性のボディ構造や空力性能の向上などにより、最適なバランスを実現。先代モデルと比較して、全長を85mm、全幅を75mm、全高を15mm拡大した一方、ホイールベースを25mm短くするとともに、より重心を下げるソフトルーフトップを採用することで、高い俊敏性、操作性を備えたモデルとなっている。ソフトルーフトップは、低重心なシルエットに調和するコンパクトなデザインを採用。オープン/クローズ時ともに281リットルのトランク容量を確保する他、50km/h以下の走行時も10秒でオープン/クローズ可能となっている。

[続きを読む]

新型発売、縦型ヘッドライトなど新デザイン採用 566万円より 画像

  • BMW Z4 新型
  • BMW Z4 新型
  • BMW Z4 新型
  • BMW Z4 新型
  • BMW Z4 新型
  • BMW Z4 新型

2年ぶり国内復活のロードスター[詳細画像]

2年ぶり3世代目の「Z4」

2年ぶりの発売、3世代目となる新型BMW『Z4』は、高剛性のボディ構造や空力性能の向上などにより、最適なバランスを実現。先代モデルと比較して、全長を85mm、全幅を75mm、全高を15mm拡大した一方、ホイールベースを25mm短くするとともに、より重心を下げるソフトルーフトップを採用することで、高い俊敏性、操作性を備えたモデルとなっている。

[続きを読む]

2年ぶり国内復活のロードスター 画像

BMW Z4 新型(M40i)BMW Z4 新型(M40i)

【試乗】スポーツ+は「やりすぎ」を感じるほど…九島辰也

新型Z4、そのトップグレード M40i に試乗

今回試乗した新型『Z4』は、トップグレードのM40i。3リットル直6ツインパワーターボで最高出力340psを発揮する。

日本仕様のカタログにはこの他、2リットル直4ツインパワーターボがあり、そちらは197psを発揮する。モデル名は「Z4 sDrive20i」で、その後に“スポーツライン”と“Mスポーツ”が付くものもある。500万円後半から600万円代におさまるそちらの方がメインストリームになるだろう。M40iは835万円だから欲しいオプションを見積もると1000万円の声が聞こえてきそうだ。

[続きを読む]

【試乗】スポーツ+は「やりすぎ」を感じるほど…九島辰也 画像

  • BMW Z4 新型(M40i)
  • BMW Z4 新型(M40i)
  • BMW Z4 新型(M40i)
  • BMW Z4 新型(M40i)
  • BMW Z4 新型(M40i)
  • BMW Z4 新型(M40i)

兄弟車 スープラ にはない6速MT設定へ

BMWは7月から欧州において、新型『Z4ロードスター』(BMW Z4 Roadster)の2.0リットル直列4気筒ターボ搭載車の「Z4 sDrive 20i」グレードに、6速MTを設定すると発表した。

Z4 sDrive 20iグレードには、新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。トランスミッションは従来、8速ATの「ステップトロニック」のみとの組み合わせだった。

[続きを読む]

兄弟車 スープラ にはない6速MT設定へ 画像

  • BMW Z4 ロードスター 新型
  • BMW Z4 ロードスター 新型
  • BMW Z4 ロードスター 新型
  • BMW Z4 ロードスター 新型
  • BMW Z4 ロードスター 新型
  • BMW Z4 ロードスター 新型

【試乗】スープラとはまったく違う運転感覚…渡辺陽一郎

トレンドに逆行したショートホイールベース

『Z4』はBMWの2シーターオープンスポーツカーで、新型は電動開閉式ソフトトップを装着する。全長は先代型に比べると85mm長い4335mm、全幅は75mm広がって1865mmだ。先代型はマツダ『ロードスター』に近い印象もあったが、新型は立派になった。その一方でホイールベース(前輪と後輪の間隔)は、25mm短い2470mmに抑えている。

[続きを読む]

【試乗】スープラとはまったく違う運転感覚…渡辺陽一郎 画像

BMW Z4 新型(M40i)BMW Z4 新型(M40i)

【比較試乗】BMW Z4 との違いをサーキットで「ハッキリ」させてみた…桂伸一

『スープラ』のこの骨太感はいままでのトヨタ車にはない感触だ。当然の話しだが、ここがBMWとのコラボの表れである。その兄弟車であるBMW『Z4』とは何が違うのか。そこを探る意味があるのかどうかは別として、気になる事はハッキリさせよう。

と言う事でホームの袖ヶ浦フォレストレースウェイに向かう。量産モデルではドライ路面で初走行になる「スープラRZ」。直6・3リットルターボのパワーとトルクをフルに引き出して駆動輪であるリアタイヤに伝えると、FRならではのさまざまな動きを展開する。サウンドもスープラのほうが軽妙な直6のいななきである。

[続きを読む]

【比較試乗】BMW Z4 との違いをサーキットで「ハッキリ」させてみた…桂伸一 画像

トヨタ スープラ 新型(右)とBMW Z4(左)をサーキットで比較試乗!トヨタ スープラ 新型(右)とBMW Z4(左)をサーキットで比較試乗!

《滑川寛》

【画像】【BMW Z4 新型まとめ】兄弟車スープラとの相違点…価格や走り、試乗記(8枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  3. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  4. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  5. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  6. 日野自動車、ダカールラリー2022参戦車両を発表…軽量化&加速性能を向上
  7. BMWのEVに初の「M」、『i4 M50』は544馬力…生産開始
  8. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  9. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  10. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
ランキングをもっと見る