カワサキ Ninja H2 SX シリーズ、SE/SE+のカラー&グラフィックス変更へ

カワサキ Ninja H2 SX SE+
カワサキ Ninja H2 SX SE+全 6 枚写真をすべて見る

カワサキモータースジャパンは、スーパーチャージドエンジンを搭載する高性能ツアラー『Ninja H2 SX SE+』および『Ninja H2 SX SE』のカラー&グラフィックを変更し、10月15日より発売する。

Ninja H2 SXシリーズは新開発の998cc水冷4気筒バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載し、高出力や強烈な加速力に加えて、日常での扱いやすさと燃費性能を両立したハイパフォーマンスツアラーだ。Ninja H2 SX SEは、ベースモデルの『Ninja H2 SX』に加え、LEDコーナリングライトやフルカラーTFT液晶パネル、KLCM(カワサキ・ローンチ・コントロール・モード)、KQS(カワサキ・クイック・シフター)などを特別装備。最上位モデルのNinja H2 SX SE+は、さらにKECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)やブレンボ社製ストリート用モノブロックキャリパー「Stylema」、モードセレクト機能、スマートフォン接続機能などを備える。

今回は両モデルともカラー&グラフィックの変更のみで主要諸元に変更はない。カラーリングはNinja H2 SX SEが「メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック」1色で価格は244万2000円。Ninja H2 SX SE+は「エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック」1色で価格は282万7000円。

[PR]いまや自動車には必須の装備となっているドライブレコーダーだが、その記憶媒体のSDカードは、他の電子機器と比べて過酷な環境…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}