トヨタ ハリアー 次期型はクーペSUVになる、との予想

『ベストカー』10月26日号

発行:講談社ビーシー / 講談社

定価:407円(本体370円+税)

トヨタ・ハリアー現行
トヨタ・ハリアー現行全 2 枚写真をすべて見る

『ベストカー』10月26日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:407円(本体370円+税)

『ベストカー』10月26日号では、クーペSUVとなって市場に参戦するトヨタの次期『ハリアー』を予想している。世界的にSUVは、クーペスタイルが潮流となっており、この流れに乗って2020年のモデルチェンジするのがハリアーだ。

実用性を重視する日本のユーザーに対して、クーペスタイルは難しい、と『ベストカー』編集部は分析。いっぽうトヨタ『C-HR』、ホンダ『ヴェゼル』、マツダ『CX-30』などは、コンパクトボディということを逆手にとって、クーペSUV的なデザインにチャレンジしていると見る。記事ではレクサス『RX』、トヨタ『RAV4』との関係にも触れ、新型車を解説する。

『ベストカー』10月26日号気になる見出し……●SUV新時代●ニッポンにはZがある●日産 社長交代●スペシャルティカー新時代●去りゆくクルマたち……トヨタエスティマ&日産キューブ●復活してほしいグレード名●残り90秒でガス欠●変わりすぎて「わからないFMC」●Nコロで700kmグランドツーリング

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スピーカー交換でハリアーを高音質に! ハイエンドトレードインBE-FIT
  • ガラリと変わる印象。ユーザーに合ったホイールを追求する「MONZA JAPAN」の理念とは
  • car audio newcomer! トヨタ ハリアー(オーナー:田村 捷さん) by サウンドステーション SUBLIME 後編
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 スクープ写真
  • BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/08/327337.html/article/2019/10/08/327336.html/article/2019/10/08/327338.html