ベントレー ベンテイガ、初の改良で顔が変わる!? W12エンジンは635馬力へ

ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)全 12 枚写真をすべて見る

ベントレー初のクロスオーバーSUVとして登場した『ベンテイガ』。その改良新型プロトタイプを、カメラが捉えた。

キャッチした最新のプロトタイプ車両は、楕円形のツインエキゾーストパイプを装着していることから、このプロトタイプが6.0リットルW12型エンジン搭載モデルであると思われる。

エクステリアでは、ヘッドライトとテールライトが厳重にカモフラージュされており、内部ユニットや周辺のデザインが刷新される可能性が高い。またグリルやバンパーもフェイクパーツが取り付けられており、再設計されるはずだ。


キャビン内を撮影することはできなかったが、目撃したカメラマンによると、全体的にカバーがかけられており、インフォテイメントシステムの更新を含むデザインのアップデートがされることは間違いなさそうだ。

現行型の6.0リットルW12型搭載モデルでは、最高出力608psを発揮、0-100km/h加速を4.0秒で駆け抜けるが、改良新型では最高出力635psに向上するとともに0-100km/h加速3.9秒以下と予想されている。またそれが実現した場合、高性能モデル『ベンテイガスピード』も最高出力635psから650ps程度までブーストアップされるだろう。

ワールドプレミアは、2020年内と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/21/327810.html/article/2019/10/21/327809.html/article/2019/10/21/327811.html