暫定ダイヤの北陸新幹線で11月に増発…上野始発の下り『あさま』も

11月1~29日に増発される北陸新幹線。臨時列車の設定本数は上下合わせて11本となる。
11月1~29日に増発される北陸新幹線。臨時列車の設定本数は上下合わせて11本となる。全 1 枚写真をすべて見る

JR東日本とJR西日本は10月29日、台風19号の影響により暫定ダイヤで運行している北陸新幹線で11月に臨時列車を設定すると発表した。

台風19号による浸水被害で3分の1の車両が被災した北陸新幹線は10月25日に東京~金沢間の直通運行を再開し、速達タイプの『かがやき』を上下各9本、停車駅が多い『はくたか』を上下14本運行している。

また、東京~長野間の『あさま』は上り12本・下り11本と、被災前と比較して上りは5本減、下りは6本減での運行となっている。

しかし、11月1日から11月29日までは『はくたか』を上下各2本、『あさま』を下り4本・上り3本設定。臨時『はくたか』が運行される11月2・4日は、下り4本・上り5本が増発されることになる。

また、『あさま』では上野始発の下り列車(あさま461号)や軽井沢始発の上り列車(あさま480号)も設定される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 金沢駅に停車中の北陸新幹線。
  • HC85系の車体イメージ。
  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。
  • かつて上野~札幌間で運行されていた寝台特急『北斗星』の食堂車。NREが運営していた。2010年9月撮影。
  • 東海道新幹線の700系。
  • 11月28日に再開した津軽石~宮古間のうち、津軽石~八木沢・宮古短大間にある駒込踏切付近の復旧状況(11月27日時点)。
  • JR東日本の協力によりJRカラーが復活した700形第4編成。細部の違いはあるものの、ロゴマークの「JDK」を除けば、JR時代とそっくりな車体となった。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/29/328179.html/article/2019/10/29/328178.html/article/2019/10/29/328180.html