相鉄・JR直通線の新駅で見学会…11月30日に開業する羽沢横浜国大駅 11月16日

相鉄・JR直通線で、相鉄線とJR線の境界駅となる羽沢横浜国大駅。
相鉄・JR直通線で、相鉄線とJR線の境界駅となる羽沢横浜国大駅。全 2 枚写真をすべて見る

相模鉄道(相鉄)は11月16日、相鉄・JR直通線羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)の先行見学会を開催する。

同駅は11月30日に開業する相鉄・JR直通線の西谷(にしや)駅(横浜市保土ヶ谷区)起点2.1kmに位置する相対式ホーム2面2線の地下駅で、改札口1か所のほか、エレベーター2基、エスカレーター4基、ホームドアを設置。駅番号は「SO51」。

JR貨物のコンテナホームがある横浜羽沢駅の西側に隣接しており、相鉄とJR東日本の共同使用駅となる。

先行見学会は10時からの第1部、11時からの第2部、12時からの第3部に分けて行なわれ、見学時間はそれぞれ1時間30分。ホーム階やコンコース階を見学できる。

各回100人を募集し、申込みは11月4日まで相鉄ウェブサイトの「羽沢横浜国大駅先行見学会」特設ページで受け付けている。応募者多数の場合は抽選となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 全列車がN700Aタイプに統一される東海道新幹線。東京~新大阪間では『のぞみ』の平均所要時間が2時間29分となり、その時間短縮効果が山陽新幹線内へも波及する。
  • 長崎地区へ投入されるYC1系ハイブリッド車。蓄電池を併用する電気式の気動車。
  • 2020年3月のダイヤ改正で長万部~小樽間の普通列車へ投入されるJR北海道初の電気式気動車H100形。写真は函館本線然別駅に停車中の量産車による試運転列車。
  • 現在の長崎駅。2020年春には在来線が高架化され、その2年後には新幹線も開業することで、周辺整備が推進されることになった。
  • 金沢駅に停車中の北陸新幹線。
  • HC85系の車体イメージ。
  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/30/328228.html/article/2019/10/30/328227.html/article/2019/10/30/328229.html