山陽本線のICOCAエリアが徳山駅まで西進…山口県内で新たに14駅 2022年春

山陽本線の普通列車。
山陽本線の普通列車。全 1 枚写真をすべて見る

JR西日本は11月1日、山陽本線藤生(ふじゅう)~徳山間で2022年春に交通系ICカード乗車券ICOCAの利用を開始する予定であることを明らかにした。

新たに利用が開始されるのは藤生・通津(つづ)・由宇(ゆう)・神代(こうじろ)・大畠(おおばた)・柳井港(やないみなと)・柳井・田布施(たぶせ)・岩田・島田(しまた)・光・下松(くだまつ)・櫛ヶ浜・徳山の14駅。

これにより山陽本線のICOCAエリアは神戸~徳山・和田岬間となり、この区間は全駅で利用できることになる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 全列車がN700Aタイプに統一される東海道新幹線。東京~新大阪間では『のぞみ』の平均所要時間が2時間29分となり、その時間短縮効果が山陽新幹線内へも波及する。
  • 長崎地区へ投入されるYC1系ハイブリッド車。蓄電池を併用する電気式の気動車。
  • 2020年3月のダイヤ改正で長万部~小樽間の普通列車へ投入されるJR北海道初の電気式気動車H100形。写真は函館本線然別駅に停車中の量産車による試運転列車。
  • 現在の長崎駅。2020年春には在来線が高架化され、その2年後には新幹線も開業することで、周辺整備が推進されることになった。
  • 金沢駅に停車中の北陸新幹線。
  • HC85系の車体イメージ。
  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/01/328316.html/article/2019/11/01/328315.html/article/2019/11/01/328317.html