山陽本線のICOCAエリアが徳山駅まで西進…山口県内で新たに14駅 2022年春

山陽本線の普通列車。
山陽本線の普通列車。全 1 枚写真をすべて見る

JR西日本は11月1日、山陽本線藤生(ふじゅう)~徳山間で2022年春に交通系ICカード乗車券ICOCAの利用を開始する予定であることを明らかにした。

新たに利用が開始されるのは藤生・通津(つづ)・由宇(ゆう)・神代(こうじろ)・大畠(おおばた)・柳井港(やないみなと)・柳井・田布施(たぶせ)・岩田・島田(しまた)・光・下松(くだまつ)・櫛ヶ浜・徳山の14駅。

これにより山陽本線のICOCAエリアは神戸~徳山・和田岬間となり、この区間は全駅で利用できることになる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV