ヤマハ発動機、マリンジェット2020年モデルを順次発売 MJ-GP1800R SVHOを国内初導入

ヤマハ発動機 MJ-GP1800R SVHO
ヤマハ発動機 MJ-GP1800R SVHO全 1 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、水上オートバイ「マリンジェット」の2020年モデル計7機種を、2019年11月1日より順次発売する。

2020年モデルでは、既存の「MJ-GP1800」をマイナーチェンジした「MJ-GP1800R SVHO」を国内に初めて導入する(2020年2月1日発売)。同モデルは、艇体に超軽量素材「ナノエクセル2」を採用し、高性能「Super Vortex High Output Engine(SVHOエンジン)」を搭載した従来の「MJ-GP1800」をベースに、船底後部のジェット吸水口に新設計の「トップローダーインテーク」および「ライドプレート」を採用。さまざまなコンディションで吸水を安定させ、よりレスポンシブなハンドリング性能、俊敏で軽快な走行性能を実現する。

また、ホールド性に優れ、加速時や旋回時でも快適な姿勢を保つことのできるツーピースシートを採用。疲労感を低減し、スポーツ走行だけでなくロングクルージングにも対応する。そのほか、減速や後進、減速しながらの旋回など、低速時の操縦性を向上させる制御デバイス「RiDE」をはじめ、素早いプレーニング状態への移行や、波のコンディションに合わせた艇体姿勢の調整などライダーの好みの走行姿勢をボタン操作により設定できる「エレクトリックトリムシステム」を採用し、快適でスムーズな操縦性を実現している。

このほか、ラグジュアリークルーザーのフラッグシップ「MJ-FX Cruiser SVHO」をはじめ、「MJ-FX SVHO」「MJ-FX Cruiser HO」「MJ-FX HO」「MJ-VX Cruiser HO」「MJ-EXR」の6モデルについては、新たなカラーリングを採用し、それぞれのマリンジェットの持つ世界観を表現し、魅力を高めた。

価格はMJ-GP1800R SVHOが216万2230円、MJ-FX Cruiser SVHOが243万2230円、MJ-FX SVHOが233万0230円、MJ-FX Cruiser HOが214万5230円、MJ-FX HOが199万2230円、MJ-VX Cruiser HOが170万1230円、MJ-EXRが136万8670円。

【動画】東京モーターショー2019は自動車業界だけでなくオールインダストリーで、“未来のモビリティ社会”をプレゼンテーション。臨海副都心エリアを広く活用したショー会場全体の様子を動画で紹介す…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • 歩道橋完成のイメージ
  • ウルヴァリン RMAX 1000
  • YZF-R1 レースベース車
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV