【東京モーターショー2019】閉幕…総来場者数は7割増の130万0900人、12年ぶりの100万人超え

東京モーターショー 2019
東京モーターショー 2019全 8 枚写真をすべて見る

東京ビックサイトなどで開催されていた「東京モーターショー2019」は12日間の会期を終え、11月4日に閉幕。総来場者数は前回(2017年:77万1200人)を大きく上回る130万0900人となった。総来場者数100万人突破は幕張メッセで開催された2007年以来、12年ぶりとなる。

東京モーターショーの総来場者数は1991年の201万8500人をピークにそれ以降は減少。2011年に会場を幕張メッセから東京ビッグサイトに移してからは80万人前後と低迷が続いていた。

今回の東京モーターショーは、東京ビッグサイトに加え、MEGA WEB、シンボルプロムナード公園等にも会場を広げ、国内外の自動車・部品メーカーだけでなく、パナソニックやNTTなどの異業種も参加。ドローンショーやe-モータースポーツをはじめとする様々なイベントが行われた。主催する日本自動車工業会の豊田章男会長は開催前の記者会見で「来場者100万人目標」を掲げており、その達成に注目が集まっていた。

【動画】東京モーターショー2019は自動車業界だけでなくオールインダストリーで、“未来のモビリティ社会”をプレゼンテーション。臨海副都心エリアを広く活用したショー会場全体の様子を動画で紹介す…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV