橋桁は台車に乗せて…国内最大級の自走台車による架設工事 北陸新幹線敦賀延伸

自走多軸台車による橋桁運搬・架設の手順。橋桁を台車に乗せたまま架設する工事としては国内最大級になるという。
自走多軸台車による橋桁運搬・架設の手順。橋桁を台車に乗せたまま架設する工事としては国内最大級になるという。全 1 枚写真をすべて見る

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は、11月に石川県小松市内で北陸新幹線架道橋桁の運搬や架設工事を実施する。

この架道橋桁は、小松市内の国道305号線や主要地方道小松鶴来線(金沢小松線)と交差する箇所に架設される「幸町架道橋」のもの。地上で組んだ長さ71m・幅(馬桁)38m、重量760tの橋桁が、大型の「自走多軸台車」と呼ばれる運搬車で約120m搬送される。この自走台車は9軸車で、6台が運搬に使われる。

橋桁が台車に乗ったまま架設されるという新幹線建設工事では特殊な作業で、すでに7月25~27日には7軸の自走台車1台による運搬・架設が、同じ小松市内の国道360号線と交差する「御宮(おみや)架道橋」の架設で行なわれているが、今回の架設は橋桁の規模が御宮架道橋のものよりはるかに大きいことから、自走台車によるものとしては国内最大級になるという。

なお、この架設に伴ない、11月9日21時から翌10日6時までは国道305号線や小松鶴来線(金沢小松線)の一部が通行止めとなる。その後も11月15日~12月4日に6回、21時から翌6時にかけての一部通行止めが行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 全列車がN700Aタイプに統一される東海道新幹線。東京~新大阪間では『のぞみ』の平均所要時間が2時間29分となり、その時間短縮効果が山陽新幹線内へも波及する。
  • 長崎地区へ投入されるYC1系ハイブリッド車。蓄電池を併用する電気式の気動車。
  • 2020年3月のダイヤ改正で長万部~小樽間の普通列車へ投入されるJR北海道初の電気式気動車H100形。写真は函館本線然別駅に停車中の量産車による試運転列車。
  • 現在の長崎駅。2020年春には在来線が高架化され、その2年後には新幹線も開業することで、周辺整備が推進されることになった。
  • 金沢駅に停車中の北陸新幹線。
  • HC85系の車体イメージ。
  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/05/328416.html/article/2019/11/05/328415.html/article/2019/11/05/328417.html