川崎重工、二輪車にADAS採用へ 2021年に実用化

二輪車のADAS(イメージ)
二輪車のADAS(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

川崎重工業は、日本の二輪車メーカーとして初めて、ボッシュの二輪車向け先進運転支援システム「アドバンストライダーアシスタンスシステム」を採用して、2021年に実用化すると発表した。

「アドバンストライダーアシスタンス システム」は、自動車の先進運転支援システム技術(ADAS)を活用し、ACC(アダプティブクルーズコントロール)、衝突予知警報、死角検知の3つの機能で構成する。レーダーセンサー、ブレーキシステム、エンジン制御システム、HMI(ヒューマンマシンインタフェース)といったボッシュのデバイスと技術を組み合わせて、二輪車の安全を支援する。

川崎重工では、システムを装備することで、幅広いライダーにカワサキのモーターサイクルを安全に楽しんでもらうことを目指すとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ TMAX560 TECH  MAX(左)と XMAX(右)
  • トライアンフ茅ヶ崎
  • 旋回中も足回りが踏ん張るので、きちんと向きを変えていける
  • HUDとリヤカメラを内臓したスマートヘルメット「クロスヘルメット X1」を青木タカオ氏が試した
  • 世界限定500台のドゥカティ『スーパーレッジェーラV4』
  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L

ピックアップ