川崎重工、二輪車にADAS採用へ 2021年に実用化

二輪車のADAS(イメージ)
二輪車のADAS(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

川崎重工業は、日本の二輪車メーカーとして初めて、ボッシュの二輪車向け先進運転支援システム「アドバンストライダーアシスタンスシステム」を採用して、2021年に実用化すると発表した。

「アドバンストライダーアシスタンス システム」は、自動車の先進運転支援システム技術(ADAS)を活用し、ACC(アダプティブクルーズコントロール)、衝突予知警報、死角検知の3つの機能で構成する。レーダーセンサー、ブレーキシステム、エンジン制御システム、HMI(ヒューマンマシンインタフェース)といったボッシュのデバイスと技術を組み合わせて、二輪車の安全を支援する。

川崎重工では、システムを装備することで、幅広いライダーにカワサキのモーターサイクルを安全に楽しんでもらうことを目指すとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}