アウトドア向けコーヒー、「スティーピング」で淹れる…車に積む荷物が少ない

リトルダーリンによるスティーピングの説明
リトルダーリンによるスティーピングの説明全 7 枚写真をすべて見る

ルノー・ジャポンは、MPVのルノー『カングー』(Renault Kangoo)に、フランス流の休日の過ごし方をテーマにした特別仕様車「エヴァジヨン」を設定し、14日から発売する。フランス人が「エヴァジヨン」という単語で連想するのは“日常からの脱出”だという。

ルノー・ジャポン商品企画部シニアプロダクトマネージャーのフレデリック・ブレン氏は7日、東京都内のオープンスペース「SHARE GREEN」で開催された発表会で、「フランスの高速道路には5kmごとにパーキングエリアがあり、ピクニックエリアが併設されている。町の入り口と出口にもピクニックエリアがある」と説明。

さらに仕事のある日でも「会社に着いてコーヒー、10時にコーヒー、昼食後にコーヒー、職場に戻ってコーヒー、おやつにコーヒー、と、日常からいかに脱出するかをつねに考えている」と笑う。

発表会では、SHARE GREENにカフェを出店する「リトルダーリン」のスタッフが、アウトドアでのおいしいコーヒーの淹れ方をプレゼンテーションした。「スティーピング」といい、現在、北欧を中心にはやっており、アウトドア向けだという。リトルダーリンによるスティーピングの説明

アウトドア向けに荷物を減らすために、道具と材料を最小限にする。粉は計量して持って来て、水も量がわかるペットボトルで持ってくる。水1リットルに対し、粗挽き粉を60g、これで800ccほどが出来上がる見当だ。フィルターは不要、スマホをタイマー替りに使う。ヤカンでお湯を沸騰させたら火を止め、そのヤカンに直接粉を投入して混ぜ、3分間待って上澄みをいただく。

フィルターを通さないので、コーヒーの油分が失われず、味がまろやかになるという。粉は粗挽きを用いる。粗挽きだと、挽いてから時間がたっても香りが飛びにくく、フィルター無しでも粉が口に入りにくいからだ。

リトルダーリンのスタッフによると、スティーピングはコーヒーの原初的な作り方に近いそうだ。その時、豆は深煎りだった。深煎りだと、豆の水分が抜け、繊維が壊れているので、粗挽きでも味が出やすい。ピクニックが人間の原初の生活の擬似体験なら、コーヒーも昔ながらの淹れ方に近いものを、という提案でもある。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・カングー Z.E.コンセプト
  • ルノー・カングー Z.E.ハイドロジェン(SOLUTRANS国際ショー2019)
  • カングー・キャンプ(イメージ)
  • ルノー・カングー・エヴァジヨン
  • VW SMV 市販プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • セアト エルボーン 開発車両 スクープ写真
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ