フェラーリの新型スーパーカー、『ローマ』…イタリア大統領が視察

フェラーリ・ローマを視察したイタリアのセルジョ・マッタレッラ大統領(右から二人目)
フェラーリ・ローマを視察したイタリアのセルジョ・マッタレッラ大統領(右から二人目)全 6 枚写真をすべて見る

フェラーリは11月15日、新型スーパーカーのフェラーリ『ローマ』(Ferrari Roma)を、イタリア大統領が視察した、と発表した。

フェラーリ ローマは、フェラーリのエントリーオープンモデルで、電動ハードトップを装備する『ポルトフィーノ』のクーペバージョンとして開発された。

フロントミッドシップに搭載されるのは、ポルトフィーノ同様、排気量3855ccのV型8気筒ガソリンツインターボエンジンだ。最大出力は620ps/5750~7500rpm 、最大トルクは77.5kgm/3000~5750rpmを引き出す。ポルトフィーノの場合、最大出力は600ps/7500rpm 、最大トルクは77.5kgm/3000~5250rpmだ。ローマはポルトフィーノよりも、20psパワフルとなる。

ローマの乾燥重量は1472kgで、ポルトフィーノの1545kgよりも73kg軽い。トランスミッションは、8 速デュアルクラッチ。ローマの動力性能は、0~100km/h加速が3.4秒、0~200km/h加速が9.3秒、最高速が320km/h以上だ。ポルトフィーノの0~100km/h加速3.5秒、0~200km/h加速10.8秒、最高速320km/h以上に対して、加速性能はローマが上回っている。

このローマを、イタリアのセルジョ・マッタレッラ大統領が視察した。フェラーリのジョン・エルカーン会長は、「フェラーリ ローマを大統領にお見せすることは名誉なこと。ローマの車名には、優雅さや革新、技術の卓越性など、イタリアが持つ最高のものを表現した」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フェラーリF12ベルリネッタ
  • F1アイフェルGPでの“金曜初出走”が決まったミック・シューマッハ。
  • フェラーリ・オモロガータ
  • フェラーリ・ポルトフィーノ M
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV