MFJは公認維持を発表「安全性・品質に問題なし」…オージーケーカブトのJIS認証取り消し

オージーケーカブト RT-33R MIPS(MFJ公認)
オージーケーカブト RT-33R MIPS(MFJ公認)全 1 枚写真をすべて見る

日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は11月26日、JISマーク認証を取り消されたオージーケーカブト製ヘルメットについて、MFJ公認となっているものについては、今後も競技に使用が可能であることをアナウンスした。

日本で販売されているヘルメットには、品質保証のための規格および制度として、最上級の「SNELL規格」をはじめ、「JIS規格」「PSマーク」「MFJ公認」の4種類がある。このうちMFJ公認は、MFJが開催・公認するロードレースやモトクロスなど、公式レースに出場するためには必須となる。

現在、オージーケーカブトでは、「FF-5」「RT-33」「RT-33R」「FF-5V」「RT-33R MIPS」「AEROBLADE-5Z」のロードレース用ヘルメット6製品がMFJ公認を取得している。

MFJでは、製品の安全性や品質に関しては車両検査協会の試験でJIS規格を満たしており問題ないとなっていることから、過去MFJ公認となっているこれらのヘルメットについては、今後もMFJ公認として競技に使用が可能であると発表した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R

ピックアップ