ZF、自動運転や電動モビリティの開発を加速…新たな研究開発センター設立へ

ZF本社(イメージ)
ZF本社(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

ZFは11月27日、自動運転や電動モビリティなどの将来の技術開発を加速する目的で、中国に新たな研究開発センターを設立すると発表した。

ZFの新たな中国研究開発センターは、広州市に建設される。ZFは新しい研究開発センターに、約9000万ユーロを投資する予定だ。新しい研究開発センターは、ZFのアジア太平洋地域の開発力を強化するものになる。

ZFにはすでに、中国に2つの研究開発センターを置いている。どちらも上海にあり、アクティブ&パッシブの安全技術、パワートレイン、シャシー技術の開発に重点を置き、アジア太平洋地域の顧客をサポートしている。 一方、自動運転や電動モビリティなどの将来の技術の大規模な拡大により、エンジニアリング能力に対する需要が増しており、ZFは広州に研究開発センターを設立することで対応する。

広州の新しい研究開発センターは、2023年までに稼働する予定だ。この開発センターは、エンジニアリングと研究開発の中核拠点となり、将来のモビリティのためのソフトウェア開発や関連技術などをカバーしていく。

これにより、中国の電動化、自動化、コネクティビティ、モビリティサービスの動向に迅速に対応する。ZFは、新しいセンターでは、他の市場でも使用できるZFの主要な技術とシステムソリューションを開発していく、としている。

《森脇稔》

ピックアップ