メルセデスベンツ Vクラス 改良新型、キャンピングカーに「MBUX」搭載…欧州発表

「ハイ、メルセデス」でMBUX起動

キャンピングカーならではの装備をスマホで操作

内外装をイメージチェンジ

新ディーゼルは最大トルク54kgm

メルセデスベンツ Vクラス 改良新型の「マルコポーロ」
メルセデスベンツ Vクラス 改良新型の「マルコポーロ」全 16 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツは12月9日、改良新型『Vクラス』(Mercedes-Benz V-Class)ベースのキャンピングカー、「マルコポーロ」に、「MBUX」を欧州で搭載すると発表した。

Vクラスのキャンピングカーは、日本市場にも「V220dマルコポーロ・ホライゾン」を2018年2月に導入済みだ。ポップアップルーフを備え、車中泊を楽しめる仕様とした。

「ハイ、メルセデス」でMBUX起動

MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・インターフェイス)は、直感的な操作コンセプトと、音声制御システムが特長だ。インフォテインメントや車両操作に関して、乗員の言葉による指示のほぼすべてを理解する。学習機能もあり、ドライバーと他の乗員の識別や方言も理解する。

音声制御システムは、ステアリングホイールのボタンに触れるか、「ハイ、メルセデス」と発声することで起動する。高解像度の7インチまたは10.25インチタッチスクリーンディスプレイとセンターコンソールのタッチパッドは、VクラスのマルコポーロのMBUXの操作をサポートする。

MBUXには、予測機能が備わっており、システムはドライバーの次の行動を予測できる。たとえば、帰宅途中にドライバーが自宅に頻繁に電話をかけていれば、MBUXがディスプレイに電話番号を表示する。すべてのインフォテインメントや車両設定は、最大8つの個別のプロファイルに保存することも可能だ。

キャンピングカーならではの装備をスマホで操作

また、最新のマルコポーロには、「MBAC」も採用される。MBACは、「メルセデス・ベンツ・アドバンスド・コントロール」の略だ。MBACを利用すると、マルコポーロの室内の装備を、スマートフォンを使って操作することが可能になる。

例えば、水タンクの残量のチェック、補助バッテリーの充電レベルの確認、冷蔵庫の温度の確認と設定、ヒーターの確認と設定、電動ポップアップルーフとサンルーフの開閉、サウンドシステムの制御、照明の制御などが、スマホ操作で行える。

各機能の制御と設定は、Bluetoothベースのスマートフォンアプリで行う。車載のMBUXタッチスクリーン、コックピットのタッチパッドでも操作できる。

内外装をイメージチェンジ

改良新型では、エクステリアがフロントマスクを中心に変更された。開口部を大きく取った新デザインのフロントバンパーを装着する。ヘッドライトは、最新のLED仕様になった。「AMGライン」バージョンでは、フロントグリルがダイヤモンドパターンとなる。テールランプにも最新のLEDテクノロジーを組み込んだ。4種類用意されるホイールのデザインも変更している。

インテリアは、ダッシュボードの丸い空調ダクトを、他のメルセデスベンツ車と同じタービンデザインに変更した。スイッチ類も変更を受けている。シートの素材も見直しており、ブラックやシルクベージュのルガーノレザー、ナッパレザーを使用した合計6種類のインテリアトリムが用意される。トリムパネルは仕様によって、ピアノラッカー、エボニーウッド、カーボンファイバー、ブラッシュドアルミとなる。

新ディーゼルは最大トルク54kgm

欧州仕様には、新開発の「OM654」型ディーゼルエンジンを搭載する。直噴2.0リットル(排気量1951cc)直列4気筒ターボディーゼルエンジンは、高出力バージョンを積む。最大出力は239hp、最大トルクは51kgmを発生する。「オーバートルク」モードでは、最大トルクが54kgmに引き上げられる。

トランスミッションは、従来の7速から進化した9速AT「9G-トロニック」を組み合わせる。環境性能は最も優れる仕様で、複合モード燃費が16.4km/リットル、CO2排出量が160g/km。排出ガス性能は、ユーロ6を満たしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}