ソフトバンクとMONET、愛知県と包括連携協定---MaaS推進

ソフトバンクとMONET 愛知県が包括連携協定
ソフトバンクとMONET 愛知県が包括連携協定全 2 枚写真をすべて見る

ソフトバンクとMONET(モネ)テクノロジーズは、愛知県と地方創生に関する包括協定を12月19日に締結したと発表した。

愛知県は2015年10月に「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、地方創生に関するさまざまな取り組みを進めており、2019年度末には2020年度から開始する第2期の「総合戦略」を策定する予定。今回、ソフトバンク、MONET、愛知県は、ICTやMaaS(モビリティアズアサービス)などを活用して、愛知県の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づいて地方創生の取り組みを連携・協力して推進するため、包括協定を締結した。

産業振興や交通・まちづくり、観光振興などで連携していく。愛知県内におけるスタートアップの支援や、MaaSの推進・実装に向けた協力、観光、健康福祉、教育、子育て支援、農業におけるICT活用の促進など、幅広い分野で協力していく。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • NVIDIAがアームを買収
  • ブルースマートパーキング
  • スプリットの事業イメージ
  • 配車を依頼し、マッチング完了後に画面で確認可能
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ