三菱 eKクロス、運転支援技術やデジタルルームミラーなど装備の特別仕様車発売

三菱 eKクロス Tプラスエディション
三菱 eKクロス Tプラスエディション全 1 枚写真をすべて見る

三菱自動車は、SUVテイストの軽ハイトワゴン『eKクロス』に特別仕様車「Tプラスエディション」を設定し、12月25日から販売を開始した。

特別仕様車は最量販グレード「T」をベースに、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」と電動パーキングブレーキ、後方の視認性を高める「デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)」を標準装備。また、リヤバンパーのシルバーアクセントをブラックとした。

さらに専用ディーラーオプションパッケージ「Tプラスエディション コンプリートパッケージ」を設定した。パッケージ内容は、「フロントバンパーガーニッシュ(ブラックマイカ)」「テールゲートガーニッシュ(ブラックマイカ)」「サイドデカール(ブラック/シルバー)」。フロント・リヤをブラックに統一することで、eKクロスの精悍さを高めるとともに、SUVらしい外観を引き立たせた。

価格は182万0500円から195万2500円。Tプラスエディション コンプリートパッケージは5万8630円(工賃込)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ペダル踏み間違い時加速抑制アシスト
  • 三菱 eKクロス
  • いま注目の「軽SUV」たち。左からハスラー、タフト、eKクロススペース、スペーシアギア、eKクロス
  • 取付後イメージ(写真は日産 デイズ)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ