国交省、岡山駅東口広場への路面電車延伸事業を認定 2022年度の完成を目指す

岡山電気軌道の岡山駅前停留場。ここから100mほど軌道が岡山駅方向(写真左手)に延伸される。
岡山電気軌道の岡山駅前停留場。ここから100mほど軌道が岡山駅方向(写真左手)に延伸される。全 3 枚写真をすべて見る

国土交通省は1月14日、岡山電気軌道が特許申請していた軌道延伸事業を「運輸審議会に諮らないで処分等を行うことができる事案」として認定したと発表した。

申請内容は、現在の岡山駅前停留場から岡山駅前交差点を横断する形で100mほど延伸し、岡山駅東口広場へ平面乗入れするというもの。岡山駅最寄りに位置する停留所は2面3線となり、岡山駅東口から停留場までの距離は現在より140mほど短縮される。

国土交通省では、この事業についての概要や収支見通しなどを聴取、検討。「利害関係人の異議申立てがなされ又は予想される等、当該事案の内容が重要又は異例と判断されるような案件」と判断し、認定に至ったとしている。

岡山市では2022年度の完成を目指しており、延伸によりJR岡山駅の利便性向上や岡山中心部の回遊性向上を図れるとしているが、1月にはバスなどへの影響を調査するため、路面電車の運行を想定した通行実験を行なう予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 『志国高知 幕末維新号』のイメージ。幕末、土佐の脱藩浪士は京都を拠点に活躍したが、車両も脱藩?し、京都に来ることになった。
  • 静岡工区の着工遅れから、2027年開業の当初予定が揺らぎつつあるリニア中央新幹線。国交省は今後、有識者や関係省庁で知見も持つ者などからなる会議を設けて、科学的・工学的な見地から議論の検証を進めていく方法も考えられるとしている。
  • 全線再開を記念して掲出されるロゴ(左)やポスター(右)。
  • 現在の札幌駅南口。奧に見えるJRタワーの隣に建つ白い「札幌エスタ」(階下が札幌駅前バスターミナル)部分が「北5西2街区」に相当し、そのさらに奧が新幹線札幌駅と再開発ビル、交通広場が一体的に整備される「北5西1街区」となる。
  • デモでは、QRコードを表示したスマートフォンを改札機にタッチ。クラウドでの処理結果が改札機に反映され、入出場のコントロール状態を確認することができる。
  • 臨時ながら、宗谷本線で4年ぶりに急行が復活。写真は「山紫水明」の「山明号」。
  • えちごトキめき鉄道では、運賃改定後も観光列車『雪月花』などを活用し、さらなる地域観光資源の情報発信を行ない、交流人口の拡大を図るとしている。
  • 「東急線・東急バス サブスクパス」は東急の鉄道・バスの利用が軸となる。写真は東横線の5000系。

ピックアップ