初出展のブラザー、ファイバーレーザーマーカーなど展示予定…オートモーティブワールド2020

ブラザー LM-3200F
ブラザー LM-3200F全 3 枚写真をすべて見る

ブラザー工業は、1月15日から17日まで東京ビッグサイトで開催される「第12回オートモーティブワールド」に初出展する。

今回は、産業用印刷大手のドミノ社の製品を販売する子会社のブラザーインダストリアルプリンティングとの共同出展で、東京で開催するオートモーティブワールドは初出展となる。

ブースでは、最大出力20ワットのファイバーレーザーマーカー「LM-3200F」を展示。鉄やアルミなど素材に合わせ深彫りも浅彫りもでき、自動車のエンジン部分や車体などに使われる鋳物部品にも高速印字が可能だ。

このほか、有害物質を除去するドミノのCO2レーザーマーカーやレーザーマーカー用高性能集塵機、産業用インクジェットプリンターなども展示。ブラザーは、産業用プリンターの総合メーカーとして、自動車部品業界における幅広いニーズに対し、充実したラインアップで対応する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ケイヒン(オートモーティブワールド2020)
  • BlackBerry QNXのAIセキュリティソリューション(オートモーティブワールド2020)
  • 無人カーのeコールシステム:損保ジャパン・ティアフォー・アイサンテクノロジー(オートモーティブワールド2020)
  • AutoXの自動運転サービスの包括的ソリューション(オートモーティブワールド2020)
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW SMV 市販プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • セアト エルボーン 開発車両 スクープ写真

ピックアップ