2秒に1台売り続けて50周年、トミカが記念事業…自動車メーカーとの開発コラボ商品やイベントなど

タカラトミー『トミカ』50周年事業発表記者会見
タカラトミー『トミカ』50周年事業発表記者会見全 63 枚写真をすべて見る

外国製ミニカーに負けない、と

1月15日、タカラトミーは2020年に50周年を迎えるミニカー『トミカ』の50周年事業発表記者会見を開催。キーメッセージは「いつだって、カッコイイ。」だ。自動車メーカーと開発したコラボ商品や、ファン感謝祭など、さまざまな企画を発表した。

記者会見ではまず、タカラトミーの富山幹太郎代表取締役会長が登壇。富山氏は「トミカファンに支えられての50年でした。それと同時に、トミカの歴史は車文化をなくしては語れない。日本の自動車産業のみなさんに心から感謝」と挨拶。

また、50年前の日本を振り返り、「当時のミニカーは外国製ばかりだった。私たちは失敗を繰り返しながら、海外のミニカーメーカーに負けない商品を作るんだと、強い想いで開発にあたった。この先、時代はどう変わっていくのか。変わりゆく時代のなかで、トミカがどんな進化を見せてくれるのか、私自身も予想できない。だからワクワクしている。これからもトミカをよろしくお願いします」と、50年間支えてくれたファンに感謝の言葉をおくった。

タカラトミー『トミカ』50周年事業発表記者会見タカラトミー『トミカ』50周年事業発表記者会見

リアル自動車デザイナーがトミカをデザイン

ここからの司会は、トミカはもちろん自動車が大好きなフリーアナウンサー安東弘樹氏と、3歳からトミカを収集しているフリーアナウンサー小林麻耶氏。両者とも大のトミカファンのため、司会という立場ながら鼻息が荒い。終始アットホームな雰囲気で記者会見が進行した。

タカラトミー『トミカ』50周年事業発表記者会見タカラトミー『トミカ』50周年事業発表記者会見

司会の合図で登壇したタカラトミー、ベーシック事業部竹内俊介事業部長は、日本の自動車産業と共に歩んできたトミカの歴史を紹介。トミカが初めて発売されたのは1970年(昭和45年)8月18日。それから現在まで、6億7000万台のトミカが販売されている。この販売台数は、2秒に1台が売れている計算になるそうだ。
竹内氏は会場のスクリーンを使い、2020年に予定されているさまざまな企画を発表した。

注目の発表は、本田技術研究所とトヨタ自動車、日産自動車とのコラボレーション商品。普段は自動車のデザインを担当している3社の自動車デザイナーに、トミカだけの特別なデザインを発注。

タカラトミー『トミカ』50周年事業発表記者会見タカラトミー『トミカ』50周年事業発表記者会見

コラボ商品は、2020年4年に発売される『HondaシビックTYPE R トミカ50周年記念仕様 designed by Honda』と、2020年6月発売予定の『トヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様 designed by Toyota』。そして、2020年8月発売予定の『日GT-R トミカ50周年記念仕様 designed by NISSAN』の3種類。どれもベースは子供に人気のスポーツカーだ。

それぞれ800円+税を予定しており、全国の玩具専門店や百貨店、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで発売予定。

タカラトミー『トミカ』50周年事業発表記者会見タカラトミー『トミカ』50周年事業発表記者会見

上から見てかっこいいデザインを

続いて登壇したトミカマーケティング部の岸田敬部長は、3車種の開発を担当した技術者を招いてトークショーを行った。ステージに招かれたのは、本田技術研究所 柿沼秀樹氏と、トヨタ自動車 多田哲哉氏、日産自動車 田村宏志氏。トミカ50周年記念仕様をどのようにデザインしたのか、制作の裏側が語られた。

タカラトミー 代表取締役会長 富山幹太郎氏タカラトミー 代表取締役会長 富山幹太郎氏

トヨタ自動車の多田氏は、「トミカはミニカーなので上から見ることが多い。なので上部から見てかっこいいデザインを採用した」と、手にとって遊ぶ子供の目線で開発した想いを熱く語った。

会見ではこの他に、「トミカ50周年ファン感謝祭」(10月予定)や、「トミカ50th サンクスフェス」(2月29日~5月25日)、トミカ50周年を記念した特別ラッピングの「はとバス」(3月20日~5月6日)などが発表された。

タカラトミー 代表取締役会長 富山幹太郎氏タカラトミー 代表取締役会長 富山幹太郎氏

《佐藤隆博》

ホンダ シビックの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  6. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  9. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る