高齢ドライバーの運転を支援、リアルタイム技能診断 オムロンと近畿大がシステムを開発

自動車 テクノロジー 安全
(イメージ)
(イメージ) 全 3 枚 拡大写真
オムロンの子会社のオムロンソーシアルソリューションズ(OSS)と近畿大学は、ドライバー安全運転管理サービス「ドライブカルテ」を活用した高齢ドライバーの運転技能向上を促すリアルタイム運転技能診断システムを開発した。オムロンと近畿大学が2月13日に発表した。

今回開発したリアルタイム運転技能診断システムは、OSSと近畿大学理工学部の多田准教授が共同開発した。車両に取り付けた「ドライブカルテ」のカメラやセンサーから出力されるドライバーの画像や、位置情報、加速度などの情報を組合せて、自動で運転技能を評価し、運転中のドライバーに対してリアルタイムに音声で危険運転を通知する。教習所での実車指導の中でシステムを使用することにより、ドライバーが危険運転に気づくことで安全運転技能の向上を図る。教官の指導を補助することにより教官の負荷低減にもつながるとしている。

OSSの「ドライブカルテ」と、多田准教授が指導員の安全運転知識をデータベース化して、ドライバーの技能を自動評価できるように開発した運転技能評価、通知システムを組み合わせることで、運転中にリアルタイムでドライバーへのフィードバックを可能にした。

今後、実証実験を実施して自動車教習所などの高齢ドライバー教育を必要としている事業者向けに2020年度内に提供する。設置イメージ

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

編集部ピックアップ

Response.TV