軽貨物の当日緊急輸送に対応するモノのMaaS 国交大臣賞を受賞

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は2月14日、第2回日本オープンイノベーション大賞の国土交通大臣賞として「軽貨物の当日緊急配送を実現するモノのMaaS」に決定したと発表した。

日本オープンイノベーション大賞は、日本の未来を担うイノベーション創出の加速を目指し、産学連携、大企業とベンチャー企業との連携、自治体と企業との連携など、組織の壁を越えて新しい取組に挑戦する「オープンイノベーション」の模範的なプロジェクトを政府が表彰するもの。

国土交通大臣賞として「全国対応、軽貨物の当日緊急配送を実現するモノの MaaS実現」に決定、CBcloudの松本隆一CEO、佐川急便の米倉康雄東京本社営業部営業課長、ANAカーゴの末原聖常務取締役など5人に授与する。

対象技術は荷物を送りたい企業と全国1万5000人のフリーランス軽貨物ドライバーを直接つなぐマッチングプラットフォーム「PickGo」(ピックゴー)に、大企業の持つ顧客基盤と輸送手段をシームレスに接続し、人手不足・物流クライシスの中でも当日緊急配送サービスを全国に構築した。働き方改革や人手不足で大手物流企業が維持することが難しくなっている当日緊急配送を、インターネットとフリーランスドライバー、大手企業の力を使ってモノの MaaSを実現した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • JapanTaxiとKDDI提携内容
  • MaaS利用の効果を『モビリティパス』で狙った
  • モビリティアプリ「ベロシア」
  • (イメージ)
  • スズキ ジムニー スポーツライン ブラック エディション
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)
  • ヴァルド インターナショナル トヨタハイラックス ブラックバイソン
  • トヨタ 新型コンパクトSUV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ