成田国際空港で自動運転モビリティの実証実験を実施へ

自動運転モビリティ「ラクロ」
自動運転モビリティ「ラクロ」全 2 枚写真をすべて見る

ZMPと全日本空輸(ANA)、成田国際空港は、2月27、28日の2日間、成田国際空港で、ZMPが開発した自動運転モビリティ「ラクロ」を活用した実証実験を実施する。

実証実験は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が助成する「研究開発型ベンチャー支援事業/企業間連携スタートアップの事業化支援」の一環で、一般旅客のいる環境において安全確保のため、係員が帯同する形で関係者のみで実施する。

空港の広大なエリアや複雑な動線は、子ども連れや荷物が多い旅客、遠い搭乗口まで移動が必要な利用者にとって、多大な負担となっている。こうした課題の解決に向けて、免税店前やレストラン、搭乗口付近など、利用者が行きたいところへ簡単な操作で行くことができる自動運転モビリティの活用を実証する。

ZMP、ANA、成田国際空港は実証実験を通して、空港運営での社会課題解決と、旅客サービス向上の実現に向けて取り組む。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV