メルセデスベンツ、Cクラスなど50車種1万4000台をリコール シートベルトバックルに不具合

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

メルセデス・ベンツ日本は3月10日、『CLS220d』など50車種について、シートベルトバックルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2018年7月20日から2019年11月9日に輸入された1万4192台。

前席のシートベルトバックルにおいて、プレス冶具の管理が不適切なため、シートベルト装着時に金具ががたつくものがある。そのため、シートベルトの装着を正しく認識できず警告灯が点灯したまま、最悪の場合、衝突時に点火式シートベルトテンショナが作動せずに、乗員に過度の傷害を与えるおそれがある。

改善措置として、全車両、前席シートベルトバックルの点検を行い、がたが生じている場合は良品に交換する。

不具合は9件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

対象車種

●Cクラス
C180ステーションワゴン
C200ステーションワゴン
C200 4マチック ステーションワゴン
C220d
C220dステーションワゴン
メルセデスAMG C43 4マチック ステーションワゴン
メルセデスAMG C63
メルセデスAMG C63S
メルセデスAMG C63ステーションワゴン
メルセデスAMG C63Sステーションワゴン

●CLSクラス
CLS220d
CLS450 4マチック
メルセデスAMG CLS53 4マチック+

●Eクラス
E200
E200 4マチック
E200ステーションワゴン
E200 4マチック ステーションワゴン
E220d
E220dステーションワゴン
E220d 4マチック
E250
E250ステーションワゴン
E300
E350e
E450 4マチック
E450 4マチック ステーションワゴン
メルセデスAMG E53 4マチック+
メルセデスAMG E53 4マチック+ ステーションワゴン
メルセデスAMG E63 4マチック+
メルセデスAMG E63S 4マチック+
メルセデスAMG E63 4マチック+ ステーションワゴン
メルセデスAMG E63S 4マチック+ ステーションワゴン

●Gクラス
G550
メルセデスAMG G63

●GLCクラス
GLC200
GLC200クーペ
GLC220d 4マチック
GLC220d 4マチック クーペ
GLC250 4マチック
GLC250 4マチック クーペ
GLC350e 4マチック
GLC350e 4マチック クーペ
メルセデスAMG GLC43 4マチック
メルセデスAMG GLC43 4マチック クーペ
メルセデスAMG GLC63 4マチック+
メルセデスAMG GLC63S 4マチック+
メルセデスAMG GLC63 4マチック+ クーペ
メルセデスAMG GLC63S 4マチック+ クーペ

●AMG GT
メルセデスAMG GT53S 4マチック+
メルセデスAMG GT63S 4マチック+

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・ラングラー・アンリミテッド
  • 改善箇所
  • 改善箇所
  • メルセデスベンツS560
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ