カタログモデルが待たれる!シトロエン ベルランゴ の魅力とは[詳細画像]

シトロエン ベルランゴ
シトロエン ベルランゴ全 54 枚写真をすべて見る

グループPSAジャパンは2020年第3四半期をめどにシトロエン『ベルランゴ』をカタログモデルとして導入する。2019年に「デビューエディション」として限定販売されたが、即完売となったことで話題になったばかり。

「家よりも家族がひとつになれる場所、それがベルランゴだ」と紹介するのは、グループPSAジャパンマーケティング部シトロエンブランドマネジャーの中山領氏。

シトロエン ベルランゴ
日本には初導入となるベルランゴだが、実は本国では既に20年以上の歴史がある。その始祖をたどると『2CVフルゴネット』までさかのぼることが出来、「まさにダーウィンの進化論のようにベルランゴは長い時間をかけて成長してきた」と述べる。

ベルランゴは乗用車、商用車仕様を合わせて発売以来累計330万台の販売台数を突破。「このセグメント内でキーモデルとしての座を維持し、2017年には17か国以上でベストセラーモデルとしてノミネートされた」という。

シトロエン ベルランゴ
ベルランゴの特徴は大きく3つ。まずはデザインで、「シトロエンのデザインチームがいかに際立ったスタイリングに出来るかに力を尽くした」と中山氏。「特徴的でシンプル、かつ高機能的なボディで、一目ですぐにベルランゴと分かるようなデザインを採用」。また、「タフでありつつも親しみやすい雰囲気で、過度な自己主張のない自由な流れるようなフォルム。そして十分に確保されたスペースなどに重点を置いてスタイリングを仕上げた」と説明。

次にコンフォート、快適性だ。2枚の大きなスライドドアや電動リアウィンドウ、折りたたみ可能なラゲッジシェルフ、そして2段階に開閉できるリアオープニングガラスハッチなどを採用したほか、シートアレンジの多様性も特筆すべき点だ。3座独立型格納式リアシートや、後部座席を全て平らに格納できるマジックフラットと呼ばれる機能などが挙げられる。3座独立型格納式リアシートには様々なシートアレンジが出来ると同時に、「後席の3人が平等に移動を楽しめるようにというフランスらしい考えも秘められている」と話す。

シトロエン ベルランゴ
さらに可倒式の助手席と完全フラットになる可倒式リアシートを合わせると最長2.7mの長尺物が積載可能だ。最大積載量は2126リットルのラゲッジスペースも備わっている。

またベルランゴにはモジュトップというマルチファンクションルーフを備えている。これはガラスのマルチパノラミックルーフの中央部分がアーチ状になっており、そこが収納スペースになると同時に、車内の明るさも保つという「シトロエンらしい装備」だ。

シトロエン ベルランゴ
最後はドライビングテクノロジーだ。「運転をいかに安全に支援できるかで移動体験も大きく変わって来る」と中山氏。レーンキープアシストやアダプティブクルーズコントロール、アクティブセーフティブレーキなどを備え、「装備と機能はセグメント内で最高のレベルであることを自負している」と強調した。

パワートレインはグループPSA新開発の1.5リットル4気筒クリーンターボディーゼルエンジンを搭載し、最高出力は130ps、最大トルクは300Nmを発揮する。組み合わされるトランスミッションはアイシンAWとの共同開発による最新世代の電子制御8速オートマチックを採用する。

シトロエン ベルランゴ

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV