SOMPOリスク、自動車販売業・整備業向け新サービス開始 構内の車両接触事故防止を支援

イメージ
イメージ全 2 枚写真をすべて見る

SOMPOリスクは、自動車販売業・整備業向けに、「リスクアセスメント手法を用いた小集団活動支援サービス」の提供を3月より開始する。

自動車販売店・整備工場では、預かり車両や納車前の新車などの接触事故が多発しており、SOMPOリスクでは構内事故防止コンサルティングを提供し、ハード面やソフト面での改善提案を行ってきたが、「従業員に事故防止対策がなかなか浸透せず、構内事故がなかなか減らない」などの声も多い。こうした背景のもと、SOMPOリスクは新サービスの提供を開始。従業員向けのリスクアセスメント教育を支援することで安全意識を高め、事故削減をサポートする。

新サービスでは、「事故分析」、「現地調査」、「リスクアセスメント実施」、「小集団活動支援」、「フォローアップ調査」の5ステップでサービスを提供する。

「事故分析」では、自動車販売店・整備工場から提供された事故データを分析し、構内事故の傾向、発生場所を把握する。「現地調査」では、現地を訪問して、車や人の動きを撮影しリスクを把握。「リスクアセスメント実施」では、SOMPOリスクの専門コンサルタントによる支援の下、調査結果に基づいて従業員に自社のリスクアセスメントをSOMPOリスク独自の指標で実施。それを踏まえ、自社が取り組むべき課題をSOMPOリスクの専門コンサルタントと従業員とで明確化するとともに、構内事故リスクを低減するためのルール化について検討する。

「小集団活動支援」では、構内事故リスク低減のためのルールの定着化など、小集団活動に必要なテーマと活動内容について定期的に確認やアドバイスを実施し、従業員の職種に応じて小集団活動を支援。「フォローアップ調査」では、小集団活動で取り組んできたルールの定着度を測るための調査を実施する。

サービス期間は6か月から1年程度(企業規模や支援内容により異なる)で、費用は105万円(税抜)/箇所より。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「レベル IV ディスカバリー」
  • Anyca オーナー定額支援プログラム
  • 実証実験の概要
  • マクニカが取り扱う自動運転シャトルバス「ナビヤ」
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ