トヨタ、国内生産拠点を一時停止へ 新型コロナウイルス問題で海外新車需要低迷

高岡工場で生産されるハリアー
高岡工場で生産されるハリアー全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は3月23日、新型コロナウイルスの感染拡大で、海外などの需要が低迷しているため、4月3日から国内5工場7ラインで一時生産を停止すると発表した。

新型コロナウイルスは欧米やアジアにも感染が拡大しており、都市部では外出禁止などの措置もとられており、実体経済にも影響が及んでいる。

トヨタでは海外市場の需要や状況を鑑み、国内生産工場を一時停止して減産する。

生産調整するのは高岡工場・第1ラインと堤工場・第1・2ラインがともに4月3日から7日、田原工場・第1ラインが4月3日から10日まで、田原工場・第3ラインが4月3日から14日まで、トヨタ自動車九州・第1ラインが4月3日から15日まで、日野自動車の羽村工場・第1ラインが4月3日から6日までで、それぞれ生産を停止する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ自動車とBYD
  • トヨタ ヤリス ハイブリッド(G)
  • トヨタ認定中古車ロゴ
  • ハッキングされたレクサスNX
  • メルセデス AMG E63 ステーションワゴン新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GT 73 開発車両
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)

ピックアップ