日産 内田社長「3年間で適正利益生むように」…オンラインでバーチャル入社式

日産 内田誠社長
日産 内田誠社長全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車は4月1日、2020年度の入社式を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大により、横浜市の本社ギャラリーから内田誠社長がオンライン中継で新入社員の質問に答えるなど「バーチャル入社式」とした。

式は入社2年から4年の社員9人がプロジェクトを組んで企画した。一堂に集合できない式となったため「人は集まらなくても想いは集まる」とのテーマを掲げ、各職場に配属される651人(中途採用者除く)の新入社員を歓迎した。

内田社長は、予め寄せられた質問に答え、新入社員への期待について「日産の創業以来のDNAは『他がやらぬことをやる』であり、失敗を恐れずに挑戦していただきたい。また上司には遠慮なく皆さんの意見を言ってもらい、われわれ経営層もその意見を基に日産を良くしていきたい」と述べた。

また、日産の課題については「やはり信頼の回復であり、それなくして業績の建て直しにもつながらない。当面の3年間でいうと業績を建て直し、日産としての適性な利益を生み出さなければならない」と強調した。

式の企画では、内田社長と全新入社員が紙片にメッセージを書いて電気自動車の『リーフ』に張り付ける「ラッピングカー」の作成も行うこととしている。内田社長は「Together We make it happen!!」と記し、「皆さんのフレッシュな気持ちとともに、日産の新たな1ページを作っていきたい」とメッセージに込めた想いを語った。ラッピングカーは今後2か月、本社ギャラリーに展示するという。

《池原照雄》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV