日立オートモティブ、ドイツの自動車部品ソフト開発会社を買収

自動車 ビジネス 企業動向
提携
提携 全 1 枚 拡大写真
日立オートモティブシステムズは4月15日付で、ドイツを中心に自動車部品向けソフトウェア開発事業を展開するゼネオスを買収したと発表した。

ゼネオスは主に自動車部品のソフトウェア開発を手がけるシステムエンジニアリング会社で、主要な欧州自動車メーカー向けソフトウェア開発で多くの実績を持つ。

電動化、自動運転、コネクテッドといった自動車の高機能化に伴って車両1台あたりに搭載されるソフトウェアのプログラム規模が航空機の10倍以上となるなど、自動車におけるアプリケーションなどのソフトウェア搭載量が拡大している。

日立オートはゼネオスの全株式を取得して、完全子会社化することで、自動車部品に搭載するソフトウェア開発を的確に行うフロントエンジニアリングを強化する。同時に、国・地域ごとの商習慣や、最新の共通標準ソフトウェアアーキテクチャーやソフトウェア開発プロセスのフレームワークなどに沿って緻密で効率的なソフトウェアを開発する。

今後、ゼネオスが培ってきた欧州におけるソフトウェア開発力を生かし、製品やシステムの競争力強化や、販売拡大を図る。ゼネオスのソフトウェアをグローバルに展開する製品やシステムに活用することで、世界中の自動車メーカーのニーズに迅速に対応し、統合制御システムによる先進的なビークル・ソリューションの開発を加速する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

編集部ピックアップ